カテゴリ:料理( 38 )

自家製フレッシュトマトソース…♪




「今からエアコンの取り付けに行くと
電話があったので来てくれない~!」
9時前に母から電話…。

エアコンの調子が少し良くないので
取り替えるのですが、予定は明後日なのに…。
母の所は午後行くつもりでしたが、
持っていくものを慌てて準備…ふぅ~!

行くと何かと用事があり
自宅に帰ったのは午後1時前…!
買ってきた「お魚屋さんのお寿司」で昼食を済ませ
やっと落ち着きました…笑


昨日収穫したどっさりトマトは
予定通りソースにします。


今年のトマトは傷がついたものが多い!

d0367190_20151391.jpg



水に浸けておくと虫が出てくるんですよ。
ほらね…笑


d0367190_20152918.jpg


無農薬野菜は虫もつきます。
買ってきた綺麗なトマトと違い
下準備は結構手間が掛かるんですよね^^


d0367190_20154416.jpg

材料はシンプルに自家栽培のトマト、
同じく自家栽培のニンニクとローリエのみ…。


d0367190_20161430.jpg


やや多めのオリーブオイルににんにくを入れ
香りが立ってくるとトマトとローリエを鍋へ…。


d0367190_20163101.jpg


トマトソースは煮込んでいる間、結構はねます。
蓋をすると水分が上手く蒸発しません。
そこでザルで覆うとハネを防ぐことが出来ますよ^^


アクを除きながら30分ほど煮詰めました。


d0367190_20170428.jpg

これで完成です。
塩、こしょうで味を調えても良いと思いますが
私はこのままを保存袋に入れ冷凍保存します。


d0367190_20172539.jpg

トマトソースは色々に活用でき
重宝度は間違いなく1番です…^^♪




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。






d0367190_20354782.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-07-16 21:30 | 料理 | Comments(10)

きゅうりのパリパリ漬け2種…♪



夏野菜の代表の一つ、きゅうり…♪
収穫は一斉にきて一斉に終わるんですよね…。
ご近所や友人へのお裾分けも限度があり
とても食べ切れない^^


d0367190_20234300.jpg



そこで長期保存できる”きゅうりの佃煮”を
毎年作ってたのですが
他に何かないかしら…!

「ありました!」

半年以上保存できる「きゅうりのパリパリ漬け」
作り方もとっても簡単です♪


<材料>
きゅうり…2㎏ 塩(下漬け用)…130g 
☆(ザラメ…400~500g 酢…180g)

<作り方>
①きゅうりは重しをして一晩塩漬けにする。
水分が出てきゅうりがしんなりします。

d0367190_20235714.jpg



②一晩漬けたキュウリは水分を切りながら容器に並べる。


d0367190_20241231.jpg



③きゅうりの上からザラメと酢をかけ、蓋をして冷蔵庫へ。


d0367190_20242367.jpg



④翌日になるとザラメが溶けて水分のみになります。
時々上下を返しながら漬けます。

10日ほど経ちました…♪


d0367190_20243564.jpg

お味見してみました…。
驚くほどの砂糖の量ですが
ほどよい甘さの食べやすい漬物です♪



d0367190_20261569.jpg
漬け汁に漬かった状態で1年冷蔵庫保存できるそうです。



もう一つのパリパリ漬けは毎年作ってる
栗原はるみさんのレシピです^^




d0367190_20263038.jpg



保存食は後で重宝しますよね…♪
色々作っておくと便利です。





ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。






d0367190_20485409.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-07-13 21:30 | 料理 | Comments(10)

ぬか漬け…♪





何年も前からぬか漬けを挑戦してますが
美味しさが持続できなくなりアウト!
何度繰り返したかしら…。

瑞々しい夏野菜の収穫が始まると
やっぱり食べたくなるぬか漬け…♪
今年は今までと少し違った漬け方をしました。
(基本は同じだと思います)


d0367190_14254553.jpg


精米したての新鮮な生ぬかはいつでも手に入ります。
ぬかに対して10~15%の塩と水…
今までと違うのは沸騰させた水に塩を入れ
熱々をぬかに入れること…。
今までは冷ましてました。

切干大根や大豆(乾燥)も今回初めて使います。
捨て野菜はキャベツ!

4日目にキャベツを出し、2度目の捨て野菜は大根!


d0367190_14255709.jpg


3度目の捨て野菜を漬けようと思ったのですが、
ぬかの香りが良い感じになってきたので
本漬けにしました。
(ちなみに、捨て野菜の大根を食べてみたのですが
しょっぱくてまずかったです…笑)



d0367190_14260762.jpg


本漬けは1日…♪
きゅうり、にんじんが美味しく漬かりました。
茄子は少し浅漬けぽい!


d0367190_14261693.jpg

微生物のバランスがとれていると良い香りがして
美味しいぬか漬けが出来るそうです。
自分の手の微生物がぬか床に加わるんですってね。


「温度」「水分量」「清潔を保つ」ことが大切!
今まで何が良くなかったのか…
それが分かってないので不安はいっぱいですが、
余り身構えず愛情をこめて
手入れをしたいと思っています^^






ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。







d0367190_14585894.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-07-10 21:30 | 料理 | Comments(12)

茄子のからし麹漬け…♪




昨日、今日と大雨のため缶詰状態です。
時間がたっぷりあるこういう時は
普段しないキッチンの流しの下の大掃除!
以前から気になってたのでスッキリです。
(本当は天気のいい時の方が良いのですが…。)



”茄子のからし麹漬け”も作りました。


d0367190_19473450.jpg

ずんぐりむっくりの茄子は
皮が柔らかい種類です。
雨のため収穫が遅れ
こんなに大きくなったものもありました。


d0367190_19474634.jpg



”茄子のからし麹漬け”は色々な作り方があると思いますが
私は2日に分けて作ってます。



***茄子のからし麹漬け***
<材料>
茄子…2㎏、塩…60g 米麹…300g、鬼和辛子…30~50g みょうばん…小さじ2
A(醤油…360㏄、みりん…180㏄、砂糖…230g)


1日目
①茄子を一口大に切り3時間水にさらす。

d0367190_19475654.jpg

②茄子に塩、みょうばんを入れ、重しをして一晩おく。
③米麹に60度の湯冷ましを加え、常温に一晩おき乾燥から戻す。

d0367190_19480742.jpg
大きなお鍋や漬物の容器、重しなどが徐々に揃い
最近、材料さえ揃えれば
やっとスムーズに作れるように…笑



2日目

塩漬けにした茄子、充分水が上がり良い感じ!

d0367190_19484449.jpg

①鍋にAの材料を入れ60度に温める。
鬼和からしは同量の湯で練っておく。


d0367190_19481731.jpg

③乾燥から戻した米麹を加えて麹床を作る。


d0367190_19483102.jpg


④茄子をよく絞り、麹床へ漬け込む。
鬼和からしを加えてよく混ぜ合わせる。


はい、出来上がり♪


d0367190_19485492.jpg

小分けにして冷凍保存します。



自家栽培の野菜が多く採れるようになり
必要に駆られ保存も兼ねた漬物にしてます…^^




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。





d0367190_20323627.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-07-07 21:30 | 料理 | Comments(12)

夏野菜を使って…♪




今日は久し振りに太陽が顔を出しましたが
明日からまた雨の日が続くそうです。
6月下旬頃から夏野菜がピークを迎えてます。
雨の合間に収穫している野菜は
きゅうり、トマト、ナス、ズッキーニ、キャベツ等など

ご近所さんや友人にお裾分けをしてますが
我が家で処理する量も半端ない…笑
野菜に追われてます^^



d0367190_19515794.jpg



夏野菜は冷蔵庫に入れると風邪をひくとか言いますよね。
冷蔵庫での保存は出来るだけしないようにしています。
収穫した野菜は新鮮なうちに調理…を目指してますが
とにかく量が多くて…笑



”揚げ浸し”は簡単で使いまわしもきくので
ひと夏に何度もします…。


d0367190_19522369.jpg




野菜の大量消費の定番”ラタトゥイユ”


d0367190_19525943.jpg


たっぷりのオリーブオイルでにんにくを炒め
ニンニクの香りが立ってくると野菜を加えて炒めます。


d0367190_19531075.jpg



後はコトコトと煮るだけ…♪
シンプルに塩と胡椒で味を整えれば出来上がり!
野菜の旨味がギュッと詰まってますよ。

このままでももちろん美味しく頂きますが
オムレツに添えたり、
パスタやリゾットにすることもあります。



d0367190_19531948.jpg


こぼれ種からあちこちに芽を出した青紫蘇…。
すべてを育てる訳には行きません。
30㎝ほどになった青紫蘇を十数本抜きました。
”紫蘇のしょうゆ漬け”に…。


d0367190_19523614.jpg


綺麗に水洗いし水気を切り容器に入れ
にんにくと唐辛子醤油を加えます。


d0367190_19524826.jpg



辛めのしょうゆだとみりんを少し入れても良いと思います。
一週間ほど置くと食べ頃ですが、長期保存がききます。
ご飯の友や薬味として使うこともあります^^



ナス、キュウリは泣きたくなるほど
大量にあるので大部分は漬物にします。
どういう漬物にするかは後日紹介できると思います。





ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。







d0367190_20032774.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-07-04 21:30 | 料理 | Comments(12)

ベリーベリーソース…♪




天気予報通り、愛媛県は台風の影響で
大雨の1日となりました…。

早朝、ほんの短時間雨が降ってない時に
連絡を頂いていた、律子さんの庭の
ブラックベリーを頂きに行ったんですよ。
今年もたわわに実ってます♪



d0367190_19355875.jpg


収穫のほとんどは律子さんがして
冷凍保存して下さってました。


d0367190_19360846.jpg



早速、ソースにしたいと思います^^


d0367190_19361854.jpg


我が家で採れ、冷凍保存していた苺も…♪
どちらもベリーの分量の1/3~1/2の
グラニュー糖をまぶししばらく置きます。



d0367190_19362956.jpg




中火で煮ながらアクは丁寧にとった方が良いですね。
ジャムではないので10分ほど煮ると出来上がりです。


d0367190_19363991.jpg


今回はベリーベリーソースにします。
ブラックベリーは種があるので
ザルでこしてイチゴソースに合せました。


d0367190_19365117.jpg


とっても綺麗なソースに仕上がりましたよ♪



d0367190_19370158.jpg


ブラックベリーをザルでこし
残ってる方にもまだ実が付いていて勿体ないので
牛乳を入れ再び漉しました…笑

イチゴ味のスムージのような飲み物ができましたよ。
夫にお味見してもらうと「美味しい!」ですって。
主婦の知恵、ナイス副産物でした。




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。





d0367190_20032774.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-07-03 21:30 | 料理 | Comments(12)

砂糖入り白梅酢…♪





毎年、母は知り合いの梅農家で完熟梅を求め
”砂糖入り白梅酢”を作ってました…。
夏になるとジュースの代わりに
それを薄めて飲んでいるのです。

母に作り方を教えてもらい私もたくさん作りました。
梅のエキスがたっぷり入り、適度な塩分も摂れる
この飲み物は夫の”夏の畑仕事の友”になってます。

”砂糖入り白梅酢”こちらの人は誰でも作ってると思ってましたが
今までこれを作ってる人に出会ってないんですよ…笑
母に尋ねると、その梅農家さんに教えてもらったとか…。
その方も高齢になり梅農家を数年前にやめられました。



今年は実家の梅が収穫できたのでそれで作ることにします。
(完熟させたかったのですが、青いまま落ちてしまうので無理!)



d0367190_20180855.jpg



まずは下準備です。
梅はキレイに洗い、2~4時間ほど水に浸してあく抜きをします。


d0367190_20181906.jpg



水気を十分に切り、ヘタを竹串などで
丁寧に取り除きます。
じゅんびOK!


d0367190_20184001.jpg



***砂糖入り白梅酢***
作りや水分量
梅…1㎏、砂糖…500g、塩…100g、米酢…1合

保存瓶にすべてを入れ、瓶を揺すり混ぜ合わせる。


d0367190_20190017.jpg


1日に何度も瓶を揺すり混ぜ合わせます。
最大のポイントは梅のエキスを早く抽出して、
出来るだけ早く砂糖や塩を溶かすことです。


d0367190_20191315.jpg

青梅で作るのは初めてなので、どうなることやら…^^





実は、数日前に少しだけ収穫した青梅を
下処理をして冷凍保存してました。
それで”梅シロップ”を作ります。


***梅シロップ***

青梅…1㎏、砂糖…1㎏

保存瓶に青梅と砂糖を交互に入れる。
保管中は瓶を揺すり、とにかくマメにかき混ぜる。


d0367190_20194655.jpg




10日ほどすると梅がしわくちゃになるので梅を取り出す。
梅の果汁を鍋に移し、弱火にかける。
アクをすくいとり、アクが出なくなったら火を止め
こして保存瓶に入れる。


d0367190_20201855.jpg



おまけ…!
余った梅で”梅昆布しょうゆ”

作りや水分量
青梅…100g、昆布…5g、しょうゆ…200㏄

材料をすべて保存瓶へ…。


d0367190_20203899.jpg




梅の下処理と保存瓶の準備さえ終われば
後は材料を合わせるだけ…♪
何でも下準備に手間が掛かりますね^^
今年の梅仕事は終わり…かな。




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます。






d0367190_21072813.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-06-16 21:30 | 料理 | Comments(12)

らっきょう仕事(3種)…♪





スーパーへ行くと入り口付近にらっきょうが並んでます。
らっきょう仕事の時期ですよね。
我が菜園にもらっきょうは植えてます。
でも、あの下処理を考えるとなかなか腰が上がらず
数えるほどしか”らっきょう”仕事はしたことがないんです。

たまたま見ていたテレビで大原千鶴さんが
3種類のらっきょう仕事をしてたんです。
とってもシンプルで美味しそうで
ふらっと心が動きました^^♪



d0367190_20053340.jpg



***らっきょうの下処理***

作りやすい分量
らっきょう…1㎏
塩…20g


①らっきょうを1つずつにばらし洗う。
②ひげ根はできるだけ浅く切り落とす。
③芽の方も軽く切り落としそこから薄皮をむく。



d0367190_20055464.jpg



ここまでが大変なんですよねー!
夫にも手伝ってもらいました^^



d0367190_20061081.jpg



④らっきょうをボウルに入れ塩をまぶす。
1時間ほど置くと水気が出てくる。



d0367190_20062451.jpg



⑤持ち手付きのザルにらっきょうをあけ
たっぷりの熱湯にザルごと入れ
10秒間ほどで引き上げザルなどに広げよく乾かす。



d0367190_20073544.jpg




これでらっきょうの下処理は終わりです。
下処理したらっきょうを好みの味に漬けます。



***甘酢漬け***

作りやすい分量
らっきょう(下処理をしたもの)…200g
甘酢…米酢1カップ、砂糖100g、塩20g
赤唐辛子…1本

<作り方>
①甘酢の材料を鍋で沸騰直前まで沸かし冷ます。
②保存瓶にらっきょうを入れ、甘酢を注ぎ赤唐辛子を加える。



d0367190_20075052.jpg




***味噌漬け***

らっきょう…200g
A…味噌100g、砂糖…30g、みりん…大さじ2

<作り方>
ボウルにAを混ぜ合わせらっきょうを入れて合わせます。



d0367190_20081394.jpg




***実山椒漬け***


らっきょう…200g
実山椒…大さじ2
米酢…1/2カップ
うすくち醤油…1/2カップ
こんぶ…5g


保存瓶へ全ての材料を入れます。


d0367190_20080261.jpg



どれも食べ頃は1週間後から…♪
保存は冷蔵庫で1年間です。


甘酢漬け以外はお試しで少量作りました。
美味しければ…また作る予定です。
手間はかかるけど
毎年作りたい気分になりましたよ…今は♪






ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。


有難うございます。










d0367190_20533187.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-06-11 21:29 | 料理 | Comments(12)

嬉しい悲鳴…♪






野良生えだったいちごを
昨年初めて畦を作り植えたのですが
特に芳しい出来ではなかったので…笑
今年は全く手入れをしていない”いちご畑”…。


d0367190_16393485.jpg



そんなこんなで我が家の苺は
ほとんどが小粒で甘みも少なく
加工しないと美味しくありません。
(ほんの少しだけ大きくてきれいな形のもありますが…笑)


d0367190_16400021.jpg


数はたくさん採れるんです…^^
これが”嬉しい悲鳴”を越して泣きたいほど…笑
でも、せっかくここまで育ったのだから
ちゃんと食してあげないとね…。


d0367190_16401559.jpg


採るのも大変だけど処理もたいへん!


d0367190_16402774.jpg


フレッシュも少し残して…
「いちごのプリザーブ」にします。
プリザーブとは果物の砂糖煮のこと。
ジャムとの違いは果実の形を残すところです。


d0367190_16405188.jpg




*****いちごのプリザーブ*****


苺は洗ってヘタを取り水けをふく。
ホウロウまたはステンレスの鍋にいちごを入れ、
砂糖を好みの量加え、いちごから少し水分が出てくるまでおく。


d0367190_16410839.jpg



鍋を火にかけ煮立ったら弱火にする。
アクを取りながら苺が柔らかくなるまで煮る。


d0367190_16412610.jpg


いちごと砂糖だけで、
いちごの形を残すように煮たサラッとしたタイプ!


d0367190_16413856.jpg

我が家では甘いもの好きの夫の
ヨーグルトの友です♪
フレンチトーストのイチゴソースかけも美味しいです。




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。








d0367190_17020187.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-05-04 21:30 | 料理 | Comments(10)

筍の冷凍保存と簡単サラダ…♪



今が旬の筍…♪
大好きで少々食べ過ぎ気味です…(笑)


1度にたくさん手に入った時、保存方法はどうされてますか。
私はとりあえず2,3個は
浸した水を取り替えながら冷蔵庫で保存。
その他は冷凍保存をするんですよ…。



d0367190_19233492.jpg



私の筍の冷凍保存方法…

使う料理によって筍の切り方を変えておく。
私の場合、お寿司や炊き込みご飯用、炒め物用、煮物用…など。
少し面倒でも冷凍後の使い勝手が良いです。

d0367190_19234609.jpg


ペーパータオルで水気を丁寧にとります。


d0367190_19240297.jpg



1度に使う分量に分け、約大さじ1の砂糖をまぶします。
この時も丁寧にまんべんなくまぶす。


d0367190_19241393.jpg

保存袋内の空気を抜く…。
この状態で冷凍してます。
半年以上全然大丈夫…^^
筍のシャリシャリ感は残り美味しくいただけます。
もう何年もこの方法で保存してますが
特に問題ないですよ。


d0367190_19242811.jpg



栗原はるみさんのレシピを参考に
簡単たけのこサラダを作ってみました。


***たけのこと生ハムのサラダ***

たけのこの穂先のやわらかい部分と生ハムを適量…
オリーブオイル、塩、あらびき胡椒で調理し
レモンの絞り汁を適量加える。
木の芽を散らしてさっと和え、
器に盛ってパルメザンチーズをかける。


d0367190_19243882.jpg


サラダで頂けるのはこの時期だけですね。
春の息吹を感じる香りもごちそうです♪






ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。

有難うございます♪








d0367190_19474294.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2018-04-22 19:48 | 料理 | Comments(6)

何気ない暮らしの中で素敵と感じることを気ままに…♪


by cacocaco30
プロフィールを見る
画像一覧