カテゴリ:お出掛け( 94 )

お着物で…♪



今年初めての大寄せのお茶会に伺いました…。


昨年10月頃体調を崩したのをきっかけに
気持ちの方も落ち込み気味に…。
年末には捻挫をしてしまい、まためげて
何をするにもスイッチが入りません…。
こんなこと初めて!


自分の気持ちは自分が盛り上げないと…ね!

まだ気合を入れないと着ることが出来ない着物を
初詣に頑張って着たのは
お茶会へ着物で伺いたかったから…^^
何日も前から準備をして
当日は時間のゆとりをもって着付けました。

不思議なことにお着物を着始めると
気持ちまでシャンとするんです。


d0367190_19485086.jpg


一席30人ほどの大寄せの席茶会は
堅苦しくなく気楽にお茶を頂けます。


待合…
d0367190_19490192.jpg


1月のお茶席ということもあり
お着物の方が比較的多かったです。
若い方のグループもお着物でした…♪

本席…
d0367190_19491180.jpg

初春定番の生菓子「はなびら餅」は
ごぼうと白味噌あんとピンク色の餅もしくは
求肥で包んだ和菓子ですが

ごぼうを蕗に…
薯蕷(じょうよ)饅頭に仕上げてます。


菓子…「富貴葩(ふきはなびら)」
d0367190_19492294.jpg


お茶をいただき
席主のあいさつで席がおしまいになりますが
大寄せのお茶会では退席前に
床や点前座などに近づいて道具を拝見します。


茶碗…
d0367190_19493286.jpg


左の茶碗は漆塗りの珍しいものでした。
「陶漆根来塗富士蒔絵」
側で一緒に拝見をしていた先生らしい方が
「あなたも手に持ってみなさい!」と…。
とても軽くて手のひらにスッと馴染みました^^
大切なお道具ですので
なかなか触ることは出来ないんですよ。


釜…胴締メ  炉縁…松葉ちらし
d0367190_19494549.jpg




水指…松竹梅文(十三代今右衛門造)
d0367190_19500154.jpg


このお棗、暁烏絵なんです。
お茶席にまさかカラスが登場するなんて…
暁烏(あけがらす)の意味が
よく分からないんです…。


薄器…
d0367190_19501243.jpg


点前座もお床も
初春らしい取り合わせがされていて
席主のおもてなしが充分に感じられました。


d0367190_19502521.jpg


お茶席を楽しませてもらった後
もう一つのお楽しみ…♪
お茶のお仲間とのランチとお喋り…笑

たっぷりと”主婦のぜいたく”を
させてもらった1日となりました…^^




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。







d0367190_20504774.gif

by cacocaco30 | 2019-01-15 21:30 | お出掛け | Comments(12)

主人で~す…♪



昨日の続きになります…

城崎の温泉街を散策し帰路についたのですが
お天気が持ちそうだし時間的にも少しゆとりがあるので
寄り道することに…。
寄り道する場所は城崎温泉から比較的近い
但馬の小京都「出石」です。


d0367190_19483300.jpg

駐車場から出石城跡に向かってますが
このレトロな町並みに
こころを奪われます…。


d0367190_19484418.jpg

それもそのはず…
駐車場で頂いたパンフを見ると
この辺りは「重要伝統的建造物群保存地区」なのです。


d0367190_19485917.jpg

キョロキョロが止まりません…!

出石は見どころの多い城下町のようですね。
歴史好きの夫、立ち寄ってみたかったのでしょう!


d0367190_19490892.jpg

出石のシンボル「辰鼓楼」…♪
明治4年に建設されたそうです。


出石城跡はここから眺めました。


d0367190_19491709.jpg

白亜の土塀と長屋門のあるこの屋敷は
出石城内に残る唯一の
江戸時代の武家屋敷です。


d0367190_19493028.jpg

大名行列槍振りの諸道具が展示…。


d0367190_19494038.jpg



江戸時代の参勤交代のおり
大名行列に花を咲かせていた槍振りが
出石では今も伝承されているそうです。


d0367190_20134247.jpg

主人です…^^
夫から写して欲しいといわれたのは
結婚してから今まで
この時以外記憶にありません…笑


d0367190_19495580.jpg


次に行ったのは「永楽館」…♪
明治34年に開館した
近畿最古の芝居小屋です。


d0367190_19501813.jpg


平成20年に44年の時を経て蘇ったそうです。
歌舞伎等など興行のない日には見学できます。


d0367190_19502848.jpg

廻り舞台、奈落、花道などそのまま残されていて
ガイドさんの説明を聞きながら隅々まで見せて貰いました。

こういう芝居小屋で歌舞伎鑑賞…♪
良いですよねぇ~!
また観たくなりました^^

出石といえば蕎麦…♪
出石皿そばは外せないですよね。
少し遅めの昼食に頂いて
さぁ~わが家へgo!!!

長い間、旅のお付き合い有難うございました。



ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。





d0367190_20455850.gif

by cacocaco30 | 2018-12-19 20:48 | お出掛け | Comments(18)

温泉街ぶらり…♪



今回の旅の目的はカニを食べること
憧れてた”伊根の舟屋”ヘ行くことのふたつ…。
1日目の宿は久美浜の民宿
2日目は城崎温泉の旅館…
天気が下り坂で雨から
雪になるかもしれない予報でした。

2日目の朝、もし雨が降っていれば
早めに帰路についたと思います。
幸い曇り空だったのでのんびり散策をすることに…♪



d0367190_20022474.jpg

城崎温泉といえば七つの外湯めぐり…♪
その一つ「地蔵湯」からスタートします。
ずいぶんモダンな建物ですよねー!


温泉街のメインストリート…
真ん中を流れる川には幾つもの
古めいた太鼓橋が架ってます。


d0367190_20024075.jpg

川の両サイドは柳並木…!
こちら側は”南柳通り””向こう側は”北柳通り”です。
この辺りが城崎温泉の代表的な景色なのでしょうね^^


柳並木を通り過ぎると
人通りの少ない狭い道になります。


d0367190_20025500.jpg

ここからは”木屋町通り”で
川沿いには桜並木が続きます。


d0367190_20030573.jpg

静かで少々ひなびた風情…
小さな橋が何本も架り独特の町並みです。
この雰囲気好きだわ^^♪
桜が咲くと更に素敵でしょうね。


d0367190_20032160.jpg

そろそろ引き返します…。

京都御所を彷彿させる立派な建物…
外湯めぐりの一つ”御所の湯”


d0367190_20035600.jpg


メインストリートの中央”王橋”まで戻ってきました。
旅館や外湯とともに立ち並ぶ
たくさんの飲食店や土産屋さん…。
もう少し、しっとりとした温泉街かと思ってましたが
車がひっきりなしに通ります…。


飲泉場などもありいい雰囲気なのですが…。
車を入れないようにパチリするのに苦労しました…笑

d0367190_20044075.jpg

王橋の真ん前にある
外湯めぐりの一つ”一の湯”…♪
桃山様式の歌舞伎座を思わせる建物で
町の中央に位置し城崎温泉の象徴だそうです。


d0367190_20045288.jpg


こちらも外湯めぐりの一つ”柳湯”…♪
今回見た外湯めぐりの建物の中で
一番こじんまりとして私好みです。


d0367190_20051207.jpg

歴史ある太鼓橋が架り、三階建ての旅館が立ち並び
湯の街の風情を漂わせてる城崎温泉…♪
ぶらり散策しただけでは
本当の良さは分からないと思いますが
ほんの少しだけ風流な景色を楽しめました^^



ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。







d0367190_21022201.gif

by cacocaco30 | 2018-12-18 21:16 | お出掛け | Comments(18)

城崎温泉…♪




12月上旬の旅も続きです…。
久美浜の漁師民宿で旬の美味しいカニをお腹いっぱい頂き
翌日は憧れだった”伊根の舟屋”を十分堪能しました。


2日目の宿泊先は城崎温泉…♪
旅館に着くと外湯めぐりの説明を受けました。
城崎温泉といえば七つの外湯めぐりが有名ですよね。
でも私たちはそれはパス…笑
宿の温泉にゆっくりと入ることに…。


d0367190_20051856.jpg


接客が大変行き届いた仲居さん…
きびきびとした若い人が多い印象です。

この宿は日が暮れに
お能とかがり火の演出があります。


d0367190_20053039.jpg


お風呂の後の楽しみはお食事…。
個室の食事処に通されます。

前日、カニを思う存分頂いたので
この日は但馬牛ステーキコースをお願いしてました。


まずは食前酒と前菜…♪
鰆の味噌漬け、子持ち鮎の甘露煮、胡桃豆腐
サザエの時雨煮、イカの麹漬け、ローストビーフなど

d0367190_20054342.jpg

お造りはカニ抜き…^^


d0367190_20065390.jpg


鴨鍋…♪
鴨を食べる機会が少ないので
嬉しい鍋です。


d0367190_20062767.jpg



あんこうの唐揚げ…♪
手前はチーズの揚げ物です。
どちらも美味!



d0367190_20073227.jpg


但馬牛のステーキ…♪
いろいろな料理が出るので
量的にはちょうどいいサイズです。
「あぁ~美味しい、幸せ♪」


d0367190_20061738.jpg

梅蕎麦、茶そば…
茶碗蒸し…
食いしん坊の私でももうお蕎麦は無理…
夫に…^^



d0367190_20071264.jpg

吸い物、ご飯、香の物、甘味…

夫婦水入らず、時間をかけて
ゆっくりと頂く夕食、
主婦にとっては至福の時です^^
(お泊りをすると上げ膳据え膳が何より嬉しいのです)


昨夜の雨でしっとりと濡れた中庭が素敵です。


d0367190_20075460.jpg


朝食のセッチングがとっても可愛く感じパチリ♪


d0367190_20080472.jpg


朝食後は城崎温泉界隈を散策する予定です…。



ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。







d0367190_21022201.gif

by cacocaco30 | 2018-12-17 20:59 | お出掛け | Comments(14)

お茶会…♪




今年も残すところあと半月となりました。
月に2度のお茶のお稽古も今週今年最後となります。
大寄せのお茶会には1月、3月、4月、6月
9月は台風のため欠席、そして今日久し振りに伺いました。


大寄せの茶会は大勢の客が集う
比較的気楽なお茶の席です^^
一緒におけいこしているお仲間6,7人と
お茶席に伺いその後ランチをするのが恒例に…笑


d0367190_19441438.jpg

待合のお床は「新巻鮭」…
ゆったりとお着物を召された後姿が素敵で
思わずパチリ…♪


d0367190_19482838.jpg

主菓子は「冬ごもり」


d0367190_19484290.jpg

美味しいお菓子と一服のお茶…♪
年末の気忙しさも忘れ大変おいしく頂きました。

d0367190_19500401.jpg


お茶席で毎回楽しみなのはお道具の拝見…♪
茶道具を身近で「拝見」させていただくことは
なによりのよろこびです。


本席のお床「歳月人を待たず」

d0367190_19443950.jpg

花は「蝋梅」「椿」
楚々とした茶花の佇まいが大好きです。
引き算の美しさというのかしら…。


d0367190_19475924.jpg

お道具の拝見…
水指は「宝尽くし絵」…


d0367190_19491462.jpg

茶碗は「粉引」「かぶら柄」


d0367190_19492549.jpg


席主がこの一会のために長い時間をかけて
整えられた大切なお道具です。
取り合わせの妙などを
ていねいに感じたいのですが…
あまりにも知識がなさ過ぎて「素敵ね」で
終わってしまいます…涙



d0367190_19485810.jpg

日常から離れ、お茶席の空間にいることだけでも
豊かな気持ちになれるのですが
もう少し有意義な拝見ができると
もっとよろこびが感じられると思います。

ほんの少しずつでも良いから
拝見力を高めたいなぁ~♪




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。





d0367190_21022201.gif

by cacocaco30 | 2018-12-16 21:02 | お出掛け | Comments(9)

伊根の舟屋…♪




いつか行ってみたいと思い続けていた「伊根の舟屋」…
やっと来ることができました。
遊覧船に乗り海からの憧れの光景を目の当たりにし
テンションが上がり過ぎ…笑

伊根の町並みも散策したい…
遊覧船乗り場から車で向かいます。
でも、細い通りなので駐車できる場所がほとんどない!
やっと止まれたのは赤い灯台の近くの地区…♪





d0367190_20305943.jpg

海側から見たのとは違った趣…♪
どこか昭和を感じさせる町中の風景です。


d0367190_20315500.jpg


寄り添って立ち並ぶ舟屋の隙間から
海が見えます…^^
海とともに暮らしてきた人々の
生活を感じることが出来ますね。


d0367190_20312958.jpg


海に迫り出すように建つ民家…
一階部分がぽっかりと空いてます。



d0367190_20311162.jpg

このスペースは船のガレージ…♪
1回は全部梅という訳ではなく
舟を乾燥させたり漁具を置いたりする
スペースもあるようです。

今では舟も大型がしているので
舟のガレージが狭すぎ
外につないでいることが多いようです。


d0367190_20321931.jpg


通りの山側には母屋…
海側には舟屋が並ぶ町並みになってます。
町並みをゆっくりと散策すると
舟屋の暮らしを間近に感じることができますよ。



d0367190_20323021.jpg


では、高台にある”道の駅 舟屋の里”へ…。
ここはビュースポットとして有名です。


d0367190_20324656.jpg


先ほど乗った遊覧船も見えてます。
カモメに餌をあげることも可能なので
カモメが群がってます^^


d0367190_20331329.jpg


先ほど散策した地区や赤灯台が見えてます…♪


d0367190_20332404.jpg


舟屋はもちろんですが
道を挟んで反対側にある母屋が
海岸沿いにずらりと並びその独特の
歴史的景観に目を奪われます。




d0367190_20334365.jpg


海から陸からそして高台から
伊根の舟屋を満喫し大満足でした^^♪





ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。






d0367190_20591995.gif

by cacocaco30 | 2018-12-12 21:20 | お出掛け | Comments(12)

まるで日本のヴェネツィア…♪



今回の京丹後の旅の目的はカニを食すること
そして「伊根の舟屋」へ行くことです。
蟹は久美浜で堪能しました♪

何年も前から行きたいと思っていた「伊根の舟屋」…
まずは舟屋を海側から見るため
遊覧船乗り場へ向かいます。

伊根湾めぐりの日出桟橋乗船場は改修中…
雨も本降りになってしまいました。


d0367190_20441271.jpg

舟屋とは二階建ての舟のガレージのことで
一階部分が舟置き場、そして二階の部分が
住居スペースになっている独特な建造物です。

船に群がるカモメ…

d0367190_20442360.jpg

おぉ…♪
舟屋が見えてきました。
カモメさん、ちょっと遠慮してくれますか…笑


d0367190_20443456.jpg

伊根湾にはこの舟屋が周囲5㎞に渡って
230軒あまりも立ち並んでいるんですって…♪
「すご~い!」
もっと小規模化と思っていたので大感激^^


d0367190_20444567.jpg

海に浮かんでいるように見える舟屋…♪
まるでイタリアの水の都”ヴェネツィア”のよう…。

あの遠い日のヴェネツィアでの感動と
同じ高揚感を味わっています^^




d0367190_20445581.jpg

「日本で最も美しい村」の一つ「伊根」…♪
美しい海と豊かな自然
そこで暮らす人人の生活の知恵によって
生まれた風景美、素敵過ぎ!



d0367190_20450763.jpg


伊根湾の入り口にある「青島」が防波堤の役割を果たし
風の影響を受けにくいそうで
瀬戸内海のように波がとても穏やかです。


d0367190_20451617.jpg

そろそろ25分間の伊根湾めぐりも終盤…
何処をパチリして良いのか焦り
少々テンパリ気味…笑


d0367190_20452767.jpg

お天気が良いと海の色が
エメラルドグリーンになるそうです。
その伊根も見てみたいなぁ~♪


d0367190_20453653.jpg

海から舟屋が立ち並ぶ風景の美しさを楽しんだ後
伊根地区の町並みを散策したいと思います。

憧れの場所「伊根の舟屋」
明日に続きますがよろしくお願いいたします^^



ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。






d0367190_20591995.gif

by cacocaco30 | 2018-12-11 21:50 | お出掛け | Comments(6)

昇龍観…♪



京丹後市美浜町の民宿の夕食で旬の蟹を堪能し
翌日、9時頃もう一つの目的地に出発です。
私たちの予定では海岸線を通り
目的の場所に行くつもりでしたが
カーナビは丹後半島を横切るルートを指示!
その指示に従うことに…笑



目的地に着く途中、この独特の景色…
「これは天橋立かも…!」


d0367190_20222915.jpg

天気が下り坂だったので
目的地に急いでいたのだけど…
これは見なくちゃね…^^

d0367190_20224529.jpg

山麓にある府中駅からケーブルカーで登ります。


d0367190_20234842.jpg


迫力の大パノラマ…♪
ここからの眺めは「斜め一文字」とも
橋立を龍にたとえた「昇竜観」とも
呼ばれているそうです。


d0367190_20241211.jpg


約3.6㎞におよぶ長大な砂嘴で造り上げた神秘的な造形…♪
約8000本の松が植わってるそうです。


d0367190_20242217.jpg


「股のぞき」で有名な傘松公園は海抜130mの高台です。
3分ほど山に登ると「股のぞき」の発祥の地があるようです。


d0367190_20245717.jpg

天橋立は宮津湾と内海の阿蘇海を
南北に分けた砂嘴で出来てますが
阿蘇海方面の景色です。

d0367190_20251562.jpg

こちらに「阿蘇の舟屋」があるそうなんです。
記念写真を撮るお兄さんにその場所を
教えてもらいました…。


d0367190_20252582.jpg


舟屋とは一階が船のガレージになってる建物…。
まだ1度も実物は見たことがないのです。



d0367190_20253610.jpg

多分、ここだと思いますが…^^♪


そうそう…
2つ目の目的地は「伊根の舟屋」なんです。
ずっと行きたいと思っていた場所…。
雨がポツポツしてきました。
急がなくちゃ…。



ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。







d0367190_20591995.gif

by cacocaco30 | 2018-12-10 21:00 | お出掛け | Comments(12)

ここに来た1番の目的は…♪




京都府京丹後市久美浜町の
「小天橋」にある民宿に1泊します。


久美浜町にある鮮魚店…
この季節、店頭に並んでいるものは…
d0367190_19112450.jpg

ジャァーン!
トロ箱に入った松葉ガニがズラリ!
トロ箱単位で販売されてます。


d0367190_19113449.jpg


ここに来た1番の目的はこれを食すためです♪
ブログのコメントを頂くよっちんさんが
何度も行かれてるお宿です。
受付開始日(9月末)の初日に予約を入れました^^


昔ながらの漁師民宿ということでしたが
とても清潔感がありアットホームな雰囲気です。


d0367190_19114597.jpg


かなり早く着いたのですが
近所を散策し、ゆっくりとお風呂に入り
5時からお楽しみの夕食です…♪


お食事の部屋に通されると
そこには姿茹での立派な松葉ガニが
デンと2杯鎮座してます。
(パチリするのを忘れました)

卓上コンロには焼きガニでしょうか…
(蓋をしてるので見えませんが…笑)


前菜が並びます。
小鉢にカニのサラダ、カニ味噌、お刺身など…。
1番に手を付けたのがカニのお刺身…♪
「甘ぁ~い♪」


d0367190_19115545.jpg

ビールが進みます^^
カニの焼ける香ばしい匂い…♪
宿の方が蓋を取ると
そそられる匂いが部屋中に広がります。

熱々の焼きガニです♪
身がぎっしり詰まってますよ。


d0367190_19120511.jpg


カニの甲羅焼き…♪
カニの身が驚くほどたくさん入ってます。
カニの身と味噌のコラボ、最高!


d0367190_19122001.jpg


平日宿泊のお客様へのサービスですと焼き牡蠣登場…♪
牡蠣は自家養殖のようです。


d0367190_19122939.jpg


カニの天ぷら…♪
牡蠣フライが一緒に盛られてましたが
とても食べられないので夫へ…。


d0367190_19124038.jpg


最後に控えてるのが蟹すき…♪

お出汁がたっぷりと入った土鍋が用意され
「野菜を先に煮てからカニを入れてください。
カニは煮過ぎないようにして下さいね」…と。


d0367190_19125063.jpg


もうお腹はいっぱい…でも不思議と入るんです…笑
ほとんど蟹だけで満腹になるなんて
贅沢過ぎですよねぇ…♪



d0367190_19130077.jpg


蟹を煮た後のお出汁の美味しいこと…♪
もちろん〆はカニ雑炊を作りましたが
残念なことに一口しか食べられませんでした。


蟹三昧の大満足な夕食…♪
遠くまで出向いてきた甲斐がありました^^




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。







d0367190_20152076.gif

by cacocaco30 | 2018-12-09 20:16 | お出掛け | Comments(12)

「小天橋」って知ってますか…♪




12月5日、8時半ごろ自宅を車で出発…
高速道路「松山自動車道」「高松自動車道」
「瀬戸中央自動車道」「山陽自動車道」
「播但連絡道路」…と走り、日本海方面へと向かってます^^

休憩しながら5,6時間かかって着いたのは
京都府京丹後市久美浜町にある「小天橋」という地区…。

ここが小天橋と呼ばれることを
知ったのはここへ着いてから…笑



d0367190_19215432.jpg

何の変哲もないどこででも見られるような
町並みに見えると思いますが…

ここは日本海と久美浜湾を南北に隔てる
湾口砂州にある集落なのです。
海から湾まで最大では幅はわずか300mという
驚くような地形なんです。

天橋立にそっくりということで「小天橋」と
名付けられたとか…^^



d0367190_19220685.jpg


小天橋は漁村の趣もあり
また約30軒の民宿が軒を連ねる景観は
レトロな昭和の空気感があります^^


d0367190_19223710.jpg


町道を散策してるとそそられる風景…♪
見えているのは久美浜湾です。
路地を入っていくと…



d0367190_19241669.jpg


湾に張り出す桟橋がズラリ…
珍しい光景にテンションが上がり
小雨が降るなか夢中でパチリです。


d0367190_19233217.jpg


あとで宿の方にお聞きすると
日本海の内湾である久美浜湾は小天橋の砂州で閉じられ
湾内は一年中波が穏やかな天然の良港で
カキの養殖が盛んだそうですよ。


d0367190_19243509.jpg

日本海側にも行って見なくては…。
久美浜湾から日本海まで歩いて
すぐ(5,6分)です。

海の手前に砂の小高い丘が出来ていて
ここまで来ると先ほどとは一変して
もの凄い強風…!


d0367190_19251786.jpg


延長7㎞もの美しい砂浜が続く
小天橋海水浴場だそうですが
この日は天候が悪く電柱にしがみつかないと
立ってられないほど…。


d0367190_19254636.jpg


初めて見る荒波に足が竦みます。
丘の上にいても波にさらわれるような
錯覚に陥ります。

「怖い!」


d0367190_19255639.jpg

小天橋へ来たのは
この景色を見るためではありませんが
久美浜湾の光景も荒々しい日本海も
私にはとても魅力的でした♪



一番の目的は明日にでも…^^




ランキングに参加してます。
ボチっと応援して頂けると嬉しいです。
有難うございます。







d0367190_20062080.gif

by cacocaco30 | 2018-12-08 20:16 | お出掛け | Comments(8)

何気ない暮らしの中で素敵と感じることを気ままに…♪


by cacocaco30
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る