カテゴリ:お出掛け( 11 )

雨のしまなみ海道…♪





”にいはま太鼓まつり”2日目…♪
残念ながら昨日に続き朝から雨です。
今日は歩いてすぐの地元の会場で
夜太鼓(17時30分よりかきくらべ)があります。
それまで、雨が降ってますが出掛けることにします^^





来島海峡大橋…♪
愛媛からしまなみ海道を渡る時の
スタートの橋になります。
この橋を渡ると”大島”



d0367190_21215679.jpg



大島ー伯方島ー大三島と続きます。
伯方島は「伯方の塩」で有名です。





d0367190_21221301.jpg



今日の目的地は大三島…♪
まずお勧めの景色がここ…。
生憎のお天気ですが、瀬戸内海の島々が
とても幻想的に見え、雨の日の景色もなかなか良いものです♪
しまなみ海道は初めての息子夫婦も感激してくれました。
しまなみ海道の中で私が1番好きな橋が、
この”多々羅大橋”なんです。



d0367190_21223638.jpg


この優雅な橋が見えるこの地が
「サイクリストの聖地」だそうですよ^^




d0367190_21241864.jpg



ギョっとしないで下さいね…笑
この魚”マハタ”というそうです。
「漁獲が少なく流通していないので知名度は低いのですが
味は極めて美味で食通の間では”幻の高級魚”と呼ばれている」
そんな風に説明されると食べてみたいですよね^^





d0367190_21232562.jpg



クセがなく独特の歯応えがありなかなか美味♪
コラーゲンが豊富なのも女性には嬉しいです。




d0367190_21235441.jpg



昼食をすませた向かったのは大山祇神社…♪




d0367190_21245281.jpg


雨の日にも参拝客は比較的多いです。




d0367190_21250612.jpg


もう一つ平山郁夫さんの美術館へ行く予定でしたが、
時間の関係で次回に…ってことになり残念!!!




d0367190_21253455.jpg

雨はいつまで続くのでしょうね。





ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。








d0367190_22135339.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-10-16 21:25 | お出掛け | Comments(14)

出雲大社献茶式②…♪




「献茶式」の前に、拝服席、薄茶席のお席を廻り、
美味しいお茶を頂き見事なお道具を拝見しました^^
何せ初めて尽くしのため、
お茶席だけでも場の雰囲気に少々飲まれ気味です…笑



献茶式は10時から始まりますので、
時間のゆとりをもって式場へ向かいましょう!





d0367190_20175087.jpg


ある年の献茶式には、島根県内500人、県外300人訪れたそうです。
今年も神楽殿の270畳もある大広間にぎっしりの人でしたから
もっと多かったかもしれませんね。
私たちのグループは、先生の計らいで1番前の席を用意されてたんですよ。
(それもビックリです…^^♪)




d0367190_20181703.jpg



献茶会の様子は専属のカメラマンのみ撮影が許されてます。
そのため画像は、出雲大社のホームページよりお借りしました。



午前10時、神楽殿に千宗室家元が入場され
出雲大社神宮による参列者へのお祓いや祝詞、
宮司の献茶の奏上文が読み上げられます。

静かな緊張感と厳かな時の流れの中、
お家元の美しいお点前が始まりました…。
水の流れのようにというか、
自然と一体化したようにといえばいいのか
とても感動のお点前でした。
点てられた茶は、濃茶と薄茶の二服。





d0367190_20185153.jpg





神前に用意された台に、お家元が点てられたお茶が置かれると
衣冠束帯を調えた宮司が進み出て茶碗を捧げ持ち
祭壇をのぼって大国主命にお供えをする…
絵巻物の中に一瞬入ってしまったような儀式に魅入ってしまいました♪


このような神聖な空間の中で
目の前でお家元の素晴らしいお点前を拝見できるなんて…
こんな貴重な体験は、これから先2度とないと思います。





d0367190_20191492.jpg



献茶式は1時間程だったでしょうか…
興奮冷めやらぬまま、点心席へ。
会場内の点心席は混雑するのと配慮で
私たちは別の場所を用意して下さってたんですよ。





点心(昼食)の後は、自由行動でしたので再び出雲大社へ参拝に来ました。



d0367190_20201240.jpg


ここは、献茶式のあった神楽殿ですが、ここでも参拝!
お分かりになるでしょうか、お賽銭箱が置かれている向こう側の大広間で
先ほどお家元による献茶が執り行われたのです…^^
何か夢のようなひと時でした♪





d0367190_20194390.jpg




茶道のお仲間との1泊2日の旅はこれで終わりです。
長々とお付き合いしていただき有難うございました。





d0367190_20212024.jpg







ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。











d0367190_21160298.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-09-16 06:30 | お出掛け | Comments(16)

いよいよ出雲大社献茶式へ①…♪




今回の旅の目的は「出雲大社献茶式」…♪
献茶式とは、お家元の奉仕により古式ゆかしく
全国の神社で濃茶、薄茶2椀を点じて供える儀式のことです。

初めての伺う献茶式が、かの有名な出雲大社なのです。
正直、儀式のことも茶会の雰囲気も何も予備知識のないまま、
只々、先生の後をついて…笑




<献茶式の日程>

1、茶席 8:30~9:30 11:30~15:00
☆拝服席
☆薄茶席
2、献茶式 10:00~(9:45までに着席願います)
3、点心  11:30~14:00



d0367190_20580912.jpg



このお宿から出雲大社の鳥居まで100mという
近さには有り難いです^^
お宿前に8時に集合…。
お着物を着られた方は大変だったでしょうね。
私も来る前に先生から着物を進められましたが…
とんでもない、(ヾノ・∀・`)ムリムリ…笑




d0367190_20582782.jpg




境内までは松並木になっていて
樹齢何百年の松がお出迎えしてくれます。
このまま真っすぐ進むと本殿になりますが、
献茶式の式場は、本殿西側の「神楽殿」です。




d0367190_20585559.jpg


ここが式場の神楽殿…♪
巨大な「大しめなわ」があることで有名ですよね。
何度か来たことがありますが、
今回は今までの観光とは全く違う
もの凄い期待感があり、ドキドキワクワク…笑

出雲大社教の神殿として使用されてるそうです。
大広間の広さは、なんと270畳ですって!



d0367190_20593087.jpg



ここは出雲大社に奉仕される宮司さんのお住まい…。



d0367190_21000431.jpg



お茶席は2席用意されてます。
まずは、拝服席は「おくにがえり会館」にて…。
この建物は、出雲大社教、教務本庁があり、
2階の結婚式場にてお茶がふるまわれました。

拝服席とは、献茶のお裾分けとして
お客へ一服どうぞとふるまう席だそうです^^



d0367190_21002936.jpg


次は薄茶席へ移動…。
この立派な建物は社務所です。
2階にお席が設けられてます。



d0367190_21010528.jpg



待合に毛筆手書きの会記…♪
立派なお道具を揃えられてるのでしょうね。
悲しいかな、よく理解できてません…笑




d0367190_21013488.jpg




お点前が始まる前に慌てて1枚パチリ…。
こちらも結婚式や披露宴が行われるのでしょう。
とても素敵な造りでした♪




d0367190_21015949.jpg



どちらのお席でも、それぞれ美味しいお菓子と
お茶を頂き大満足でしたが、
残念だったのは、
お道具をゆっくり拝見できなかったことです。
時間が限られてますし、大勢の方がいますので
仕方ないのですが…^^





d0367190_21022881.jpg



時間のゆとりをもって献茶式の会場へ…。
多くの方々が次々と式場へと入って行かれてます。





d0367190_21025096.jpg


献茶式とは…どんなものなのでしょうね♪
期待が高まります。
続きは明日にでも…。





ボチっとしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村
いつも有難うございます。










d0367190_22104599.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-09-15 08:30 | お出掛け | Comments(12)

一服のお茶…♪




松江観光の続きです。


松江城を囲む堀川を小船に乗っての~んびりめぐった後は、
美味しいお茶を一服頂きたいですよね。
これから、塩見縄手にある”明々庵”へ向かいます。



d0367190_20153413.jpg



明々庵は、茶人としてよく知られる
松江藩七代藩主松平不昧公の好みによって
建てられた茶室です♪




d0367190_20155969.jpg


厚い茅葺の屋根がとても印象的でした♪
茶室の説明を色々と受けましたが…
記憶に残ってないのが情けないです(笑)




d0367190_20162847.jpg



お茶室を拝見した後、
「菜種の里」と「若草」でお抹茶を頂きました^^

ちなみに不昧公三大銘菓といわれてるのが、
「菜種の里」「若草」「山川」だそうです。




d0367190_20165290.jpg


松江は献上菓子を作ろうとする
菓子職人の技が代々受け継がれ、
茶の湯に欠かせない和菓子文化が
根付いている地域です。



d0367190_20170946.jpg



明々庵から国宝松江城の美しい姿が一望できます♪
お城を背景に皆さん記念写真を撮られてました。



d0367190_20172465.jpg


武家屋敷の前に広がる城下町の通り「塩見縄手」。
松並木が美しく武家屋敷などの古い町並みが残っています。




d0367190_20175376.jpg



小泉八雲の旧居や記念館もこの辺りです。




d0367190_20181033.jpg


松江観光をザクっとすませ、そろそろ出雲へ…!


今夜のお宿は出雲大社の鳥居から100mほどの
参道にある「竹野屋旅館」です。
開業以来140年になる、
竹内まりやさんのご実家としても知られる老舗です。
皇族が利用されたこともある格式の高い旅館のようですよ。


d0367190_20182674.jpg


今年3月にリニューアルオープンされたそうで
とても気持ちのいいお部屋です♪
お楽しみの夕食はこの他にサイコロステーキや
温かい椀物、デザートなど満足感がありましたよ。
(久し振りにお酒も進みました…笑)




d0367190_20184521.jpg

さぁ~!
明日は今回の旅の目玉、出雲大社の献茶式です。
早く休まなくちゃ…笑





ボチっとしていただけると嬉しいです。


いつも有難うございます。










d0367190_21161047.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-09-14 08:30 | お出掛け | Comments(12)

松江堀川めぐり…♪



地図にも載っていないような小さな大根島…。
その島にある”由志園”の素晴らしい日本庭園を拝見した後、
松江にやってきました。
国宝松江城のお堀を小船で巡ります。



d0367190_19401768.jpg



松江城を囲む堀は、築城時の姿を今も残しているそうです。
3,7㎞の堀川を約50分ほどかけての船旅…♪




d0367190_19404397.jpg


スタートしてすぐは”自然区”…♪
木々が生い茂り自然豊かで、カルガモが泳いでいたり
亀が甲羅干ししている姿も見えました。
1番印象深かったのは、綺麗な水色のイトトンボが
数え切れないほど多く水面近くを飛んでたこと。
川面に水色のキラキラ…♪




d0367190_19410984.jpg


女性の船頭さんがこの場所で
「後ろを振り返って下さい!堀川のジャングルです…笑」



d0367190_19413838.jpg


16ある橋のくぐり抜けでは、
船の屋根が下がってきてスリリングな場面も体験です。
蔦で覆われた橋の向こうに見える船の屋根が
低く下がってるのが分かりますか!


d0367190_19420023.jpg


16ある橋のうち低い橋が4ヶ所、
船の屋根を下げないとくぐれない橋なんです^^
その都度、船の中は大騒ぎですよ…笑





d0367190_19422371.jpg


この辺りからは”市街地区”…♪
この建物は旧日本銀行を
レトロ&モダンにリニューアルした「カラコロ工房」




d0367190_19431630.jpg


この橋を抜けると”歴史区”…♪
昔の姿を残した日本の風景が見られます。



d0367190_19434355.jpg


水辺には四季の移り変わりを感じられる草花や植えられてます。
この野性的な美しさが魅力的なミソハギ、
彼岸花や紫陽花も咲いてました…♪



d0367190_19443678.jpg



松江城が見えてきましたが、
逆光なので切り絵のようになりました…笑



d0367190_19450495.jpg


松並木の向こうは武家屋敷になります。




d0367190_19455051.jpg


江戸時代初期から、松江藩の中級藩士が、
屋敷替えによって入れ替わり住んだところです。
この辺りは、船を下りてから、
またぶらり散策をすると思います^^♪



d0367190_19461092.jpg



”堀川めぐり”楽しんでもらえたでしょうか^^







ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。








d0367190_20345168.gif


[PR]
by cacocaco30 | 2017-09-13 08:30 | お出掛け | Comments(18)

不思議な小島…♪




9月10日(日)、瀬戸内海にかかる瀬戸大橋を渡り
島根県へ貸し切りバスで向かいました。
茶道の先生方やお仲間たちとの1泊2日の旅です。

明日の貴重な経験になろう行事の前日は、
松江をザクっと観光します^^



まず向かったのは、
島根と鳥取の県境にある中海に浮かぶ”大根島”
大根島…大根の島かしら…笑
ここは四季を問わず牡丹の花が咲き誇り
高麗人参が特産の不思議な小島でした^^


大根島へは”べた踏み坂”と呼ばれる江島大橋を渡ります。
巨大なアーチ橋でもの凄い急勾配の橋、
コマーシャルでも使われてましたよね。



d0367190_08373848.jpg
島根観光協会ホームページよりお借りしました。



見たことのない光景…
こんな感じで高麗人参を栽培してるそうですよ。
植え付けてから6年後に収穫、
連作を嫌うため15年以上畑を休ませるそうです。
土の養分をすべて取り込んでしまう大変な作物なのですね。

d0367190_08381303.jpg



私のパチリではよく分からないと思いますので
こちらも松江観光協会のホームページよりお借りしました。
牡丹もたくさん植えられてます♪



d0367190_08384902.jpg


日本一の牡丹産地で、牡丹の花が咲き誇る4月から5月にかけて
島をあげての「ぼたん祭り」が開催されるようです。



ゴールデンウィークには
3万の牡丹の花を池に浮かべる「池泉牡丹」という
イベントがとても幻想的で多くの観光客が訪れるという”由志園”
大根島の観光スポットの一つです。



”由志園”の日本庭園…♪


d0367190_08394413.jpg



この時期には牡丹の花が浮いた池は見られませんが、
手入れの行き届いた素晴らしい庭園を散策!



d0367190_08401904.jpg


大根島の黒松、島石の石組、地下水を利用した水の流れなど
大根島の資源を利用し、出雲地方の雄大な景色や自然を
神話に見立てて造った庭だそうです。
特に松の美しさには見惚れました…♪




d0367190_08403907.jpg



静かな庭園に水の流れる音は心地いいです^^♪
この庭園のことは今回初めて知ったのですが、
かの有名な足立美術館の庭園に
勝るとも劣らない庭園だと思いました。



d0367190_08405851.jpg



この庭園の一角にある”牡丹の館”
ここでは年間を通してぼたんを楽しめるそうです。



d0367190_08411786.jpg


入り口を入って驚きました…。
温度管理をして時季外れに咲かせた牡丹が咲き誇ってます。




d0367190_08413759.jpg


造花の花なのでは…と思わされるほど
完璧に咲いた牡丹の花♪



d0367190_08415820.jpg


私たちのような時季外れに訪れる観光客に楽しんでもらおうと
大変な努力をされて育てられ咲かせた牡丹の花♪
とても美しく素晴らしいとは思いましたが、
何故か本物の牡丹に見えなくて…
痛々しく感じたのは私だけでしょうね…笑



d0367190_08421748.jpg

牡丹の花の時期に咲き誇る花を見てみたいものです^^






ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。










d0367190_09282708.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-09-12 08:35 | お出掛け | Comments(10)

ただいま…♪





先ほど、1泊2日の茶道のお仲間との
旅から帰ってきました。
2日目には、おそらく一生のうち1度しかないような
素晴らしい体験をさせて頂き、大満足の旅でした。





d0367190_20425718.jpg



詳しくは明日よりupさせてもらいます。






ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。










d0367190_20550664.jpg

[PR]
by cacocaco30 | 2017-09-11 20:50 | お出掛け | Comments(6)

ジブリの動画家…♪







新居浜市出身のジブリの動画家”近藤勝也展”が
あかがねミュージアムで開催されてます。
スタジオジブリ全面協力のもと、
普段は表に出ることのない原画やイメージボードなど
500点以上が展示されてるようです。


「これは見に行かなくちゃ🎶」



d0367190_19501988.jpg



新居浜市制80周年記念事業として特別企画展のようです。
新居浜駅から歩いてきましたが、
駅周辺からずっと幟が立ってましたよ。
入り口にも大きな字が書かれてます。
今回の特別企画展への力の入れようはかなりのようです…^^




d0367190_19504975.jpg





展示室の中の撮影は当然MGでしょうから、
ポスター等を手当たり次第にパチリします…笑




d0367190_19511992.jpg



幼き日の近藤少年の描く絵は、時にユニーク
時に豪快、時に正確無比、なにより絵を描くことが大好き!
という気持ちが溢れ出るものだったそうです。
子供の頃の学校の課題作品なども展示されていましたが
その頃から非凡な才能の片鱗が見える作品でしたよ^^♪





d0367190_19514162.jpg



漠然と「絵を描く職業につこう」と考えてた少年は、
やがてアニメーターを目指すことになり
”スタジオジブリ”で働くことになります。
初めて参加したのが「天空の城ラピュタ」


長男が幼少の頃、
これを見てからジブリ作品が大好きになったんですよ^^




d0367190_19520414.jpg




初めてジブリ作品に参加してからわずか3年、
「魔女の宅急便」で早くもキャラクターデザインに抜擢され、
順調にアニメーターの道を歩み始めます♪

展示室の中に撮影OKの場所が設けられてました。
多くの方がこちらで記念撮影です。
こういう心遣いが嬉しいですよね。




d0367190_19522224.jpg




その後も次々と、作画監督やキャラクターデザインという重要な役割を担い
スタジオジブリでは欠かすことのできないアニメーターに…♪
仕事はそれだけにとどまらず、
NHkのアニメ「山賊の娘ローニャ」や数々の企業のCMアニメーション、
漫画やゲーム、カバーイラスト、挿絵など依頼は引きも切らないようです。




d0367190_19524434.jpg



2008年の大ヒットとなった「崖の上のポニョ」
紅白でも歌われた主題歌の作詞を担当されたのも近藤氏です^^
ちなみに、ポニョのモデルは近藤さんの愛娘ふきちゃんだそうです♪



d0367190_19530658.jpg



今回の展示は人物描写にスポットを当ててるように思いました。
近藤氏の描く人物画には人を惹きつける魅力があります。




d0367190_19532523.jpg


近藤氏の絵の魅力をダイレクトに感じることができ、
完成したアニメーションから受けるものとは違う
発見や感動を体験できました^^♪









ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。











d0367190_20461074.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-07-30 19:54 | お出掛け | Comments(6)

素晴らしい建物とお茶会…♪







6月のお茶会に行ってから2週間が経ってしまいました。
遅くなってしまいましたが、
忘備録としてアップします^^

その前に…

お茶会が毎月行われる会館の隣に
目を惹く大きな和風建築物”武徳殿”があります。
何やら多くの人がいらっしゃるの
お茶会前に覗いてみました。




d0367190_20320461.jpg





昭和13年に建築された武徳殿、
漆喰壁に格子窓が並んでます。
2層に重なる瓦屋根、屋根を飾る鬼瓦など
寺院や武家屋敷を思わせる意匠です♪





d0367190_20322951.jpg



入り口付近にいた方にお尋ねすると、
剣道の審判講習会が催されてるそうです。
ピリッとした空気が漂ってます。




d0367190_20330249.jpg





木枠の格子窓が素敵です♪



d0367190_20333227.jpg




広い空間が取られた内部は、
回廊部分と道場部分を仕切る24本の丸柱が主屋根を
支える役目も果たしているそうです。
4面に廻らせた格子窓と高窓から陽射しが注いでますね。




d0367190_20341169.jpg

地域の方々に70年以上も利用されてる
現役の武徳殿は、素晴らしい建物です♪






では、お茶会に伺うことにしましょう。

しばらく寄付きでお客がそろうのを待ち、
席中が整い案内されると、
順に席に入ります。





d0367190_20344622.jpg




一同が席に着くと、お点前が始まる前に
菓子器が運ばれてきます。
お菓子の銘は”せせらぎ”
姿と食感と銘で、客に涼しさを届けます。



d0367190_20353711.jpg




お点前は若い男性🎶
男性のお点前の姿はなかなか良いものです。


d0367190_20351391.jpg




涼しげでモダンなお茶碗で
美味しい一服を頂きます。




d0367190_20355639.jpg




大寄席茶会ですので退席前に
お床や点前座などに各自で近づい道具の拝見をします。
お道具の拝見が楽しみなんですよね♪



d0367190_20364210.jpg




道具の銘や席中での亭主と正客の会話を
思い出しながら取り合わせに込めた
主題を再確認です♪


d0367190_20370482.jpg


毎月ある大寄席茶会は
出来るだけ伺いたいと思ってますが、
今月位から秋口までお着物が着られないのが残念です。
(単衣のお着物はほとんど持ってないので…笑)






ボチっとしていただけると嬉しいです。
いつも有難うございます。













d0367190_21272644.gif

[PR]
by cacocaco30 | 2017-06-25 20:37 | お出掛け | Comments(14)

海底から湧き出る清水…♪





隣町へ母と一緒にお気に入りの鮮魚直売所へ買い物に来てます。
買い物の後は直売所に併設された食堂で,
大人気の”海鮮丼”を食べるのがいつものコース…(笑)
母にはしばらくベンチで休んでもらい、私は目の前の漁港を散策。




漁港の雰囲気がとっても好きで、訳もなくパチリしたくなるのです♪
四国山地を望むこの光景、良い感じ!


d0367190_21133691.jpg




似たような可愛い漁船が並んでます…♪


d0367190_21140363.jpg





青いドラム缶が存在感大!
重油と書いてありますが、船の燃料なのかしら…。


d0367190_21143002.jpg



瀬戸内海側はこんな感じ!
画面では分かり難いと思いますが、1番奥の海に突き出たもの、何となく分かるかしら…^^
そちら方面へ向かいます。


d0367190_21145734.jpg



漁船には種々の旗や布が取り付けられてますね。
それらが風にはためく様も面白い…♪


d0367190_21152879.jpg





海方面へボートのような”警戒船”が、何隻か向かってます。
警戒船って…何かしら!


d0367190_21155609.jpg






桟橋のように海に突き出たこの場所は、海の中から清水が湧き出てるんですよ。
弘法大師の伝説が残る湧水なのです。
昔は干潮時にはよく見えてたそうですが、近年は海が深くなり見え難くなってるそうです。


d0367190_21163311.jpg





私がパチリしtる間にも、何人かの方が向かってましたよ。
湧水をポリ容器に満たした持ち帰る男性にもすれ違いました。



d0367190_21172913.jpg




海の中から湧き出てるなんて、何となく不思議ですよね^^
もちろんですが、しょっぱくはなかったです(笑)



d0367190_21165348.jpg






ボチっとしていただけると嬉しいです。

これからもよろしくお願い致します♪




前のブログへの移行はこちらです。

こちらをクリック ⇒ 素敵ゆったり田舎暮らし










d0367190_21185167.gif


[PR]
by cacocaco30 | 2017-06-14 21:19 | お出掛け | Comments(10)

何気ない暮らしの中で素敵と感じることを気ままに…♪


by cacocaco30
プロフィールを見る
画像一覧